2020年01月01日

レッドバロン

株式会社レッドバロン(RED BARON Co.,Ltd.)は、オートバイの販売・買取事業の全国チェーン店を展開・経営する日本の企業である。全国に254店舗(2005年11月現在)のオートバイチェーン店を展開している他、ホテルやレストラン、サーキットなどの経営も行っている。また2006年現在では、タイやオーストラリア、ハンガリーなど、海外にも拠点(事務所・店舗)を構えている。

キャッチコピーは、「世界のオートバイを販売するレッドバロン」。尚、会社名は、第一次世界大戦で活躍したドイツ空軍のパイロットで、同時代の撃墜王としても名高いマンフレート・フォン・リヒトホーフェンに因んでいる。

1972年 - 「ヤマハオートセンター株式会社」設立
1976年 - 貿易部を設立、並行輸入車の販売を開始
1983年 - 同社オリジナル商品として、「ヤマハ・RZ250“YAC-LIMITED”」(YACは「ヤマハオートセンター」の略)を発売
1989年 - 全国100店舗達成
1998年 - 全国直営店200店舗達成。それまで行っていた「全国無料ロードサービス」を150kmから200kmに拡大

1999年 - 「北海道無料ロードサービス」を実施
2002年 - 全店舗の直営化を達成
2003年
同社オリジナルの商品として、「スズキ・グラストラッカー“アイスマン”」を発売
レッドバロンカスタムマシンブランド「RED BRO」を立ち上げ

2004年
商号を現在の「株式会社レッドバロン」に変更
同社オリジナル商品として、「スズキ・ボルティー“ビビッド”」を発売

2005年 - 輸入車の2年間保証制度を開始(一部車種を除く)
2006年
「レッドバロン松江」のオープンにより、沖縄県を除く全都道府県への出店を達成

オートバイ用ガレージ付賃貸マンション「ライダーズマンション練馬」を「レッドバロン練馬」の上部にプロデュース

全国250店舗達成
(株)エ−ス興業が所有し、2004年12月に閉鎖された那須モータースポーツランド(栃木県)を取得し営業を再開
簡易宿泊施設バイクステーション倉敷をオープン

同社オリジナルの商品として、「スズキ・グラストラッカー“アイスマン2”」を発売
カリスマメンズブランドマスターマインド・ジャパンとのコラボレーションカスタムスクーターCP250MMJを3,150,000円で発売


市場情報 非上場

略称 RB、YAC(旧社名より)
本社所在地 愛知県岡崎市藤川町字境松西1(登記上)
設立 1972年1月(3月16日開業)
業種 小売業
事業内容 オートバイ買取・輸入・販売
代表者 杉浦齊(代表取締役社長)

売上高 700億円
(2005年10月決算期)

従業員数 2,149名
(2006年7月30日現在)

References from Wikipedia





posted by Biker at 00:00| レッドバロン 中古バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

Harley-Davidson

ハーレーダビッドソン (Harley-Davidson、NYSE:HOG) は、ウィスコンシン州ミルウォーキー市に本部を置くアメリカ合衆国のオートバイ製造会社である。

1903年にアーサー、ウォルターのダビッドソン兄弟とウィリアム・シルヴェスター・ハーレーによって設立された。

ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。国産メーカーの“アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルとなっている。2001年、アメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏は、「高級なハーレーからポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示している。

1999年にエボリューション1340ccから現行エンジン、ツインカム88・1450ccへ移行が始まり、2000年にはソフテイル系にツインカム88B(バランサー)が積まれ、2007年にはそれらのエンジンを1584ccにボアアップ(ストローク)させた。ツインカム96(キュービックインチ)の登場である。その大排気化に伴い排ガス規制の適合が問題となっていた。 2001年からはマフラーに触媒技術が導入され、2007年には新車販売される全モデルがインジェクション化している。 ただし、インジェクション化に伴い、エンジンのフィーリングなどが従来のキャブレター仕様のものと異なるため、キャブ仕様のモデルがいまだ根強い人気を集めている。インジェクションに関しては2003年にピストンに歪が発生しても燃料を送り続け、シリンダーマウントのベースパッキンが焼ける事例も報告されている。

また、2002年に同社製としては初の水冷DOHC Vツインエンジン(レボリューションエンジン)を搭載したオートバイも誕生した。(詳しくはVRSCのページを参照)

かつてハーレー社は小型スクーターなども製造していたが、日本のオートバイメーカーとの競合で採算の取れない車種は廃止するなど規模の縮小を行い、現在では「アメリカのフリーウェイで長距離を走る」ために設計された車種が中心となっている。そのため、山間部やサーキットではその能力を発揮できないことになる。アメリカでは警察の交通取締り用として使用されていた(近年はカワサキ、BMWなど外国車を使用している)。

日本市場では、二輪市場全体が縮小する中、2001年には国内メーカーを抑え750cc超の大型車シェア首位を獲得した。1996年の大型自動二輪車免許創設による自動車教習所での免許取得制度確立や、 2005年からの道路交通法改正による自動二輪車の高速道路二人乗り解禁には、ハーレー等外国メーカーの強い要望が背景にあったとされる。

ハーレーは音と鼓動を楽しむ乗り物でもあった。しかし、環境保護の観点から、2000年のツインカム88B(バランサー)エンジンの登場、触媒技術の導入で、音や鼓動は以前のモデルよりも抑えられている。

2003年頃から日本でも総代理店であるハーレーダビッドソンジャパンの通達により、違法マフラーの取り付けが自粛された。各都道府県の代理店、販売網の間でも違法マフラーの取り付け自粛の協定が結ばれた。 これは取り付けるショップと、通達を守り取り付けないショップでは販売台数に差が出るのを防ぐ意味でもある。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by Biker at 22:06| レッドバロン 中古車:Harley-Davidson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

鈴鹿サーキット

レッドバロンで中古バイクを探している人、一度は鈴鹿に憧れたことがあるんじゃないですか?鈴鹿サーキットは、三重県鈴鹿市にある自動車レース場を中心としたレジャー施設。F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースの開催で知られる。レースコースの他にホテルや遊園地等があり、モビリティリゾートを形成している。

日本初の本格的サーキットとして、本田技研工業によって1962年に造られた。現在はホンダグループでモータースポーツ関連施設を運営する会社である、株式会社モビリティランドによって運営されている。

コース全長は四輪で5,807 m、二輪で5,821 m、コース幅は12mから16m。これは日本のサーキットの中でも最長である。世界の多くのサーキットと比べ、摩擦係数の高いアスファルト舗装である。

追い抜きのできる長さのストレートや低速コーナーから高速コーナーまで多種類のコーナーがあるため、テクニカルコースとして高く評価されている。

メインストレートから右回りに1〜2コーナー、S字コーナー、逆バンク(傾斜角が緩いため外へ傾斜しているように錯覚する)、ダンロップコーナー、デグナーカーブ(1962年11月4日に行われた当サーキットのオープニングレースである「第1回全日本選手権ロードレース」のレース中にここで転倒したドイツ人ライダー・エルンスト・デグナーの名がついた。1987年にランオフエリア確保のために二つのコーナーに改修された。)ののち、立体交差をくぐって左回りに変わる。ヘアピンカーブ、200R、(二輪コースのみ)西シケイン、スプーンカーブ、バックストレッチ、立体交差橋を渡って130R(2003年に85Rと340Rの複合コーナーへ改修されたが、モータースポーツファンにとって非常に馴染み深いことから名称はそのまま)を抜けると再び右回りとなり、(四輪と二輪は異なる)カシオトライアングル(シケイン)、最終コーナーを経て再びメインストレートに戻る。

立体交差があり、8の字状になっているサーキットは世界的にも珍しい(歴代F1開催サーキットで唯一の8の字状サーキットであり、立体交差があったのは他にアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァだけである)。

このサーキットコースはテレビゲームにも収録されており、日本で最も著名なサーキットのひとつである。

東コース
国際レーシングコースのダンロップコーナー途中から最終コーナーに抜ける東ショートカットを使用した全長2,243mのコース。
西コース
国際レーシングコースのカシオトライアングル手前からダンロップコーナー立ち上がりへ抜ける西ショートカットを使用した全長3,475mのコース。西ストレート(バックストレッチ)途中にあるピットを使用する。
南コース
カートや2輪レースが開催されている

現在開催されているレースイベント
主なレースイベントとしては、7月末に鈴鹿8時間耐久ロードレース、8月に鈴鹿1000km(2006年からSUPER GTの一戦として開催)が開催されている。その他にフォーミュラ・ニッポン、SUPER GT、スーパー耐久、全日本ロードレース選手権、BERCドラッグレースチャンピオンシップ、”DREAM CUP"ソーラーカーレース鈴鹿、D1グランプリ、CIK-FIAワールドカップカートレースなど多くの2輪や4輪レースが開催されている。

モータースポーツ以外には2輪車安全運転全国大会、シマノ国際ロードレース(自転車)、鈴鹿シティマラソン等も催されている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホンダのバイク

レッドバロンでも世界のホンダのバイクはとても人気がありますね。新車だけではなくて、中古車まで、レッドバロンでは幅広くホンダのバイクをそろえています。でも皆さんは、ホンダのバイクの歴史をご存知ですか?ここではちょっとホンダの二輪に関しての基礎知識をまとめてみました。

自転車用原動機を製作したことが社業の始まりとなり、ヒットを記録。その後、原動機付自転車の分野でスーパーカブ50という空前絶後の大ヒット作を生み、世界のあらゆる地域で使用された。これによって、「スーパーカブのHonda」と知名度を大いに上げ、国際二輪業界において日本のメーカーが覇権を握る下地となった。スーパーカブは全世界通算で5,000万台が製造され、「世界で最も多く製造されたオートバイ」となっている。

社の業務として「モータースポーツの振興」を挙げるだけあって、スポーツモデルにも力を入れており、二輪ロードレースの世界最高峰カテゴリであるロードレース世界選手権(MotoGP)やプロダクションレースであるスーパーバイク世界選手権(SBK)での実績をフィードバックしたスポーツモデルが好評である。また、公道走行可能なバイクだけでなく、ロードレーサーやモトクロッサーなどのコンペティションモデルの市販とサポートにも熱心である。

ほとんどの分野、ほとんどの排気量において優秀なモデルを送り出し、世界第1位の二輪メーカーの座を盤石のものとしている。

2008年からは浜松製作所で生産している中型・大型二輪部門を熊本製作所に順次移管する予定である。熊本製作所に二輪車の新工場を建設し浜松製作所の二輪生産に従事する1,500人は熊本製作所に配置転換される見込み。浜松製作所では自動変速機の生産を強化する。

一時期三ない運動により大打撃を受けたが、近年スズキ、ヤマハ、カワサキといった大手二輪車メーカーらとともに「三ない運動を推進している地域ほど二輪車事故が多発している」と反論を展開するとともに、三重県内の私立高校と協力して二輪車講習を鈴鹿サーキットで行うなど高校生の交通安全教育に力を注いでおり、大きな成果をあげてきている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 
posted by Biker at 14:33| レッドバロン 中古車:ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

排気量区分

原動機付自転車
自転車に小型のエンジンを付けた乗り物が原動機付自転車の起こりである。日本でも第二次大戦後大いに流行し、既存の自転車にとりつけるエンジンキットも市販されていた。大手オートバイメーカーであるホンダ等も、最初はこの種の製品を販売していた。これらのエンジン付き自転車(ペダル付きバイク)は、モペットと呼ばれており、日本国内では衰退しているが、西欧の諸国では、いまも製造販売されている。

一方、現在の原動機付自転車はむしろ、小型のコミューターとしての側面が大きい。スズキ・チョイノリのような特殊な例を除き、現在の市販車両の多くは自転車が持つ軽快な機動性よりも、乗り心地やホンダ・カブに代表される実用的な積載性と経済性、スクーターのように加速力や便利な機能(ヘルメット収納スペース、セルスターター、自動チョーク、自動変速機等)を追求している。またレジャーバイクなるものも存在し、代表的な市販車としてホンダ・モンキーは乗用車のトランクスペースに積載可能でありカブ系エンジンを搭載した超小型バイクである。バイク史の変遷をたどれば、1980年代のバイクブーム時代は100km/h近くに達する最高速を誇る所謂「ゼロハンスポーツ」が鎬を削った。その一方で日本では道交法から制限速度は時速30kmとされ、自動二輪車に比べ制限速度の制約が大きく、二人乗り禁止、交差点で二段階右折が必要とされる場合があるなど、実用面における原動機付自転車は自転車とオートバイの中間的な位置付け若しくはオートバイとは異なる位置付けにされることがある。現在の市販車は、速度上限装置を設けメーカー自主規制にて60km/h以上の速度が出せないような構造になっているのが一般的である。

このため、自転車の語を外した略称として原付(げんつき)という語がよく使われる。さらに自転車の俗称であるチャリンコを略したチャリと合わせて、「原動機付チャリンコ」の意味で、俗に原チャリ・原チャと呼ばれることがある。報道では「ミニバイク」と呼ばれることが多い。また、三輪のものは原付三輪(げんつきさんりん)やスリーターと呼ばれホンダ・ジャイロなどがこれに当たる。

原動機付自転車はいささか曖昧な用語であり、運用する法律によって定義が異なる。総排気量が50cc超125cc以下の二輪車も原動機付自転車と呼ぶ場合がある。道路運送車両法では、50cc以下のものと区別する場合は前者を「原付一種」、後者を「原付二種」と呼ぶことがある(小型自動二輪車参照)。また、総排気量が50cc以下のミニカーは自動車に含まれる場合もある。


小型自動二輪車
日本の道路交通法における排気量50ccを超え125cc以下の二輪車の通称である。道路交通法上は、正式には、小型の普通自動二輪車と呼ぶ。また、道路運送車両法では第二種原動機付自転車と呼び、通称としては原付二種(げんつきにしゅ)などがある。

公道を走るには、普通二輪免許(小型限定)あるいは普通二輪免許(限定なし)あるいは大型二輪免許の運転免許が必要であり、いずれかの免許を取得していれば運転可能である。道路交通法では、同法上の原動機付自転車には該当せず、自動車の一種である。すなわち、自動二輪の扱いになる(筆記試験のみの原動機付自転車とは異なり、実技試験がある)。

法規上にて原動機付自転車の運転方法と異なる点
二段階右折の必要はない(してはならない)。
30km/hの速度制限はない。(標識などですべての最高速度が30km/hである場合などを除く)
第一通行帯通行義務はない。
原動機付自転車が通行禁止とされている道路でも通行可能。
バス専用レーンは通行禁止。
運転者用以外の座席があれば二人乗りが可能(免許期間が1年以上であることなど一定の条件がある)。

125ccを超える二輪車とは異なり、高速道路(高速自動車国道および自動車専用道路)は通行できない。一般道路である有料道路については通行できる道路もある。

道路交通法上の自動二輪車は「自動車」に含まれるため、駐車禁止標識の補助標識で「自動車」とある場合には、小型自動二輪車は駐車禁止の対象となる。この「自動車」に第一種原動機付自転車は含まれないため、50CC原付は対象とならない。従って、車道に駐車しても駐車違反とならない場合がある。なお、歩道上などは自動車に限らず駐車禁止である場合があり第一種原動機付自転車でも駐車違反となる場合がある。

二輪車の駐車場が確保されていない状況において、二輪車に駐車違反を課すことは、事実上、市内における二輪車の使用を禁止することととして、警察等に抗議がよせられている。


普通自動二輪車
日本において総排気量が50cc超400cc以下の自動二輪車のことを指す。このうち、125cc超400cc以下の自動二輪車のことを、通称、中型と呼ぶ。普通自動二輪車は、1996年の道路交通法改正で生まれた自動車区分である。

50cc超125cc以下の普通自動二輪車については、小型自動二輪車を参照のこと。以下、125cc超の普通自動二輪車について記述する。

125cc超の普通自動二輪車は、普通二輪免許(限定なし)あるいは大型二輪免許で運転でき、高速道路も走行できる。さらに、2005年4月からは、高速道路での二人乗りが可能となった。ただし、年齢20歳以上で免許保有期間が3年間以上などの条件がある。また、首都高速の一部は二人乗りは認められていない。

125cc超の普通自動二輪車のうち、250cc超の二輪車と250cc以下の二輪車以下は、道路交通法では扱いが同じではあるが、道路運送車両法では、250cc超の二輪車は「二輪の小型自動車(小型二輪)」、250cc以下の二輪車は「二輪の軽自動車(軽二輪)」となり扱いが異なる。詳しくは後述する。


大型自動二輪車
日本におけるバイクの区分のひとつで、排気量400cc超の二輪車を指す。

車両価格が比較的高価であり、車検が必要、燃費が良くない、維持費の負担が大きいなど、日常利用には必ずしも向いているとは言えず、維持所有のためのハードルは高い一方、パワーにあふれ、所有欲を満たす、趣味性の高い乗り物といえる。

道路運送車両法では「二輪の小型自動車」(小型二輪)に分類される。

大型二輪免許で運転でき、高速道路も走行できる。2005年4月より、高速道路での二人乗りが可能となった。ただし、20歳以上で免許の期間が3年以上などの条件がある。また、首都高速の一部は二人乗りが認められていない。

References from Wikipedia



posted by Biker at 18:35| レッドバロン 中古車:排気量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AT限定免許

AT車(クラッチ操作を必要としないオートバイであり、事実上スクーターが対象)に限定した普通自動二輪・大型自動二輪(650cc以下)のAT限定免許が2005年6月1日から新設された。この結果、大型スクーターの運転免許が取得しやすくなり、普及への一助となると考えられている。ただし、識者の間では実際に免許を取得する際の技量としては、特に車体操作に関してAT車両のほうが難易度が高いとの指摘がある。車体操作の要であるニーグリップが構造的に不可能で、足首と手のみで車体を支持し操作するためと言われている。また、大型スクーターの車体の大きさや重さにより、試験場や教習所でのスラロームなどの課題をこなすのが難しいとされる。

なお650ccを超えるスクーターが事実上存在しないので「AT限定大型二輪」は650cc限定とされ、ボスホス車などそれ以上の排気量を持つAT車に乗る場合は限定なしの大型二輪免許が必要となる。

AT車限定の二輪免許を取得させようとする自動車教習所及び運転免許試験場は、クラッチの付いた大型・中型・小型、大型スクーター、中型スクーター、小型スクーターを用意する必要があり、スクーター購入の追加設備投資が必要となる。

なお、AT限定大型自動二輪免許の条件欄には「0.650リットル以下のAT車に限る」と表記される。

References from Wikipedia


posted by Biker at 18:31| レッドバロン 中古車:AT限定免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オートバイの構造はどうなっている?

駆動輪は、自動車では前輪駆動・後輪駆動・四輪駆動と分かれるが、オートバイにおける実用車のほとんどすべては、後輪駆動である。歴史的事例では、キャブレターで有名なフランスのソレックス社のベロ・ソレックス(日本でもダイハツがライセンス生産していた)が前輪駆動だった(後述のモペット同様の自転車にエンジンを取り付けた構造で、前輪フォーク上部に50ccエンジンを搭載していた)。実験的には、前後2輪駆動の競技用オートバイが製造されたことがあるが、極めて特異であった上に競技の公平性を失する可能性を秘めていた為、その後のレギュレーション改定で禁止されている。また、通常のオートバイとは異なるが、自然公園のレンジャーなどが足として使う特殊車輌として、二輪駆動のオートバイが存在する。

自転車はサスペンションが無いものが多いが、オートバイは車重も大きく、高速で走るため、操縦安定性確保の為、通常、サスペンションが有る(低速なものでは受ける衝撃が少ない為、無い場合もある)。サスペンションは、前輪がテレスコピック、後輪がスイングアームになっている物が多い。

また、サスペンションが有ることによって快適なだけではなく、高い速度を維持したままで走ることが出来る様になった。それはサスペンションの無いオートバイで100km/hを出すよりも、サスペンションの有るオートバイで180km/hを出す方が楽な程である。その為、サスペンション装備以前と以降のオートバイは別物といっても過言ではない。

一般的なオートバイの操作系は、ブレーキやスロットルの加減速系統は右側に、クラッチレバーやシフトペダルの変速系統は左側に付いている。かつての英国車や、英国車を真似たものなどにブレーキ系が左側、クラッチ系が右側の車種があった。

パワートレインは多種多様であり、一概にこれがオートバイのパワートレインであると言える物はないが、代表するものとして、一つは無段変速機構そのもののVベルトによって最終段減速と駆動輪への動力伝達を行うもので、簡易CVTともいえるもの(一般にオートマチックトランスミッション(オートマチック、オートマ)・ATと称する)、もう一つは常時噛合シーケンシャルトランスミッションからチェーン・プロペラシャフト・ベルトによる最終段減速と駆動輪への動力伝達を行うもの(一般にマニュアル・MTと称する)の二つがあげられる。スクーターの多くは前者である。

フレーム形状はダイアモンド、(シングル)クレードル、ダブルクレードル、モノコック、モノバックボーン、ツインスパー等多彩であり、その車体の性格付けをするものであるが、多くの場合において基本的な構造は、前輪を支えるフロントフォークを高い位置から結び、車体中央下の低い位置で後輪を接続しているスイングアームへと結ばれている。例外としてリアサスペンションを持たない(ホイールをリジッドマウントしている)車種ではフレームと後輪が直結している(モペッドや、スズキ・チョイノリ等、高速走行を狙わない車種やクラシックバイク等)。
References from Wikipedia


posted by Biker at 18:29| レッドバロン 中古車:オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オートバイの歴史

日本でははじめ、オートバイの利用は少なく、1910年頃に輸入車が見られるようになった程度であった。従って国産化も遅れ、1906年の島津楢蔵によるNS号が初の国産車であった。その後、スミス・モーター、インデアン、ハーレー等の輸入が増え、1930年代には宮田製作所(現・宮田工業)が「アサヒ号」を発売するなど、国産化も進んだ。輸入車の中でも、ハーレーは三共によって陸王として国産化された。

第二次世界大戦終戦後工業に著しい打撃を受け、軍事産業が壊滅した日本に於いては、それまで軍用機や軍用車を製造していた会社がこぞってオートバイを製造販売する様になった。特に有名なのは、陸軍機で知られる中島飛行機を源流に持つ富士産業(後の富士重工)のラビット、海軍機で知られる三菱を源流に持つ中日本重工(財閥解体に伴う三菱重工の分社)のシルバーピジョンというスクーターの両雄である。終戦直前には、陸王一社のみがオートバイ製造を続けていた状態から、雨後の筍の様にメーカが乱立したが、殆どのメーカが技術開発と市場競争で遅れをとり次々脱落していった。中でも目黒製作所のメグロ、東京発動機のトーハツは人気があり、メグロはメーカが倒れた後もカワサキに技術が移転した。

現在でも続くメーカとしては、本田技研工業(ホンダ)が戦時中汎用エンジンとして製造していたエンジンを自転車に取り付けたのが同社に於ける最初のオートバイ事業であった事は有名な話である(モペッド#日本における歴史参照)。このオートバイの系譜は長く、現在はカブの愛称で親しまれる。

日常の足として利用されてきたオートバイはやがて舞台をサーキットに移し、レースに世界各国のオートバイメーカーが参加した。精密加工を得意とする日本の企業は高回転高出力エンジンである並列多気筒エンジンを搭載したオートバイで参戦した。ホンダに続いて、ヤマハ、スズキ、カワサキもオートバイ製造に参加し、各社切磋琢磨して年々高性能化、タイトルを日本勢で塗りつぶし、市場における優位性を確保した。こうして日本はオートバイ大国となる。

しかし、道路が舗装整備され、オート三輪を経て四輪自動車が一般的な乗り物として普及すると、国内におけるオートバイ市場は頭打ちとなった。前述の様に、それまでの間に沢山のオートバイメーカーが倒産、あるいは合併した。その後、東南アジアを中心とする発展途上国の市場が拡大し、オートバイメーカーの活路は世界を対象としたマーケットにシフトしていく。一方、日本ではオートバイは趣味の乗り物とされる様になっていく。しかし、高い機動性はビジネスバイクという形で社会に親しまれ、バイク便など高速輸送にも使われる。救急車よりもより早く緊急現場に駆けつけることが出来ることから救急バイクなども存在する。警察の交通機動隊が使用する白バイも、オートバイの高い機動性を利用するものである。
posted by Biker at 18:23| レッドバロン 中古車:オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。